家に帰ってからも夢中♪遊学舎での中遊び☆

「普段、お子さんはお家でどんな遊びをしていますか?」

そんなことを聞かれて、「家ではゲームばっかり!」「少しは勉強すればいいのに!」と思ったそこのお母さん!(今、眉間にしわ寄ってませんか?(笑))

市販のおもちゃも、たいていしばらくすると遊び飽きて、新しいものを買い与えるという無限ループ…。使わなくなったおもちゃがたまっていくばかりと頭を悩ませるお母さんたちもいるのではないでしょうか?


「子供の仕事は遊び」をテーマにした遊学舎では、外遊びだけでなく、中遊びもの時間も子供たちに大人気☆

家に帰ってからも、「お母さん!買わなくても家であるものでいろんなもの作れるんだよ!」と時間も忘れて遊びの続きに夢中になるほど♪

そこで!今日はそんな子供たちが夢中になっている遊学舎の実際の中遊びをご紹介したいと思います☆

●夢中になる遊び♪

「夢中になる」は言い換えると「没頭する経験」。仲間と共にワクワクしながら一つの課題に没頭する中で、「仲間とかかわりあう力」「追求力」「集中力」「言葉にする力」なども磨かれます♪


例えば、綿棒を使った遊び!

綿棒はたくさんある&面白い形を作りやすい!ということで、みんなでイヤリング作り♪

みんな好きなように、三角すいやダイヤモンドを作ったりしながら、「綿棒何個必要かな~?」「どうやったらこの形ができるかな~?」と夢中になって考える子供たち。

さらには面白い形ができたら、「これは何?」「どんな形?」とみんなでその形を言葉で表現して遊ぶ!


●日常にある『モノ』が遊び道具になる☆

特別なものは何もいらない♪身近にあるものを、普段の使い方とは違う使い方をすることで、想像力にもつながり自由な発想を生み出せる☆


身近にあると言えば、新聞♪新聞は大きいものが作れるから、それだけで楽しいし興奮する☆

パン!と音のなるものを作っておき、「ナニコレ?!」からの追求!

「どうやって作るの?」「何で音がなるの?」「どうやったらもっとすごいのができる?」と作っては実験!改良しては実験♪

●類塾ならでは!勉強の教材だって遊びのネタになる!

時には、類塾の授業でやった勉強のメニューも、子供たちにかかれば、楽しい遊びのネタになるんです!

例えば、光の反射(理科で習いましたね!)を利用してゴルフをする、題して『ひかりゴルフ!』

ルールは、

・教室を暗くして実験!懐中電灯を持つ役と、鏡を持つ役に分かれる。

・必ず鏡に光を反射させる。その反射した光をさらに鏡に反射させて…と反射を繰り返すようにする。

・また、最後は机(もしくはイス)に反射光を当てて光らせるようにする。光らなかったり、反射させられなかったら、OB~~!!

子供たちからは「これなんで??」「これってこうなるんかなぁ??」と楽しいだけでなく、遊びを通して、学びや追求が自然と生まれる♪だから飽きない!「もっとやりたい!」声が続出☆

遊学舎での中遊びは、常に”追求”がセット!

だからこそ、楽しい!が膨らむ☆

仲間と一緒なら、なおさら♪

そうやって「こんなに楽しい遊び方があるんだ!」と気付けば、「家でもこんなことができるかも☆」と、お家の中での過ごし方にも、大きな変化が現れること間違いなし♪


「行かせてみたい!」「もっと知りたい!」

と思ってくださった方、是非、問い合わせお待ちしています☆

類塾の3-9遊学舎

0コメント

  • 1000 / 1000