始まりました!類学舎☆

現実の圧力から隔離された異常な空間であり、扱う教科書の中身も役に立たない学校に見切りをつけた先鋭達が、南方に大集結!!!


小3~高3までの未来ある若者たちが、現実の問題に答えを出せる事実の認識を構築する場に身を投じ、現実の圧力=仕事の中で本物の生き抜く力を磨き始めています♪^^


実現塾を通して、学校が子供達の活力衰弱させ、勉強に対する肉体的な拒絶反応が増大してゆく構造が明らかになる中で行きついたのが、

学校に代わる半業半学の新しい学びの場=類学舎。

6月に構想が立ち上がり、子供達の期待と社会の追求圧力に応えてこの8月1日ついに開学しました!!

入学オリエンテーションでは、

「類学舎は学校(→勉強)というよりも、仕事(→はたを楽にする)がメイン。自分たちの行動が、直接お客様や仲間に影響を与えていきます。共に働く仲間として一緒に頑張っていきましょう^^

親を説得できずここに来られなかった仲間、決断しきれなかった仲間、まだ仕事の可能性に気付けていない人もいます。そんな仲間たちの新しい可能性を切り開く力が皆さんにはあります。」

という言葉に、生徒たちも「いよいよ始まるんだ!」という緊張感やワクワク感が立ち込めました♪

仕事研修もみんなで追求!

「相手がいる現実の仕事」に直結したテーマは切迫度大→本気度大!

これから任される仕事はどういう期待から生まれているのかを掴み、具体的な手順や場面や相手に同化して、何をすべきか?どうする?を追求!

小学生も自らの役割を掴もうと、どんどん仮説を出しているし、日頃からグループ追求を引っ張る追求肌のメンバーが、いつもに増して前のめりで活気一杯!

これから実践の中で見えてくる更なる壁や可能性も、自主グループや研修を通してみんなで追求し、突破して行きます^^

お昼を食べたら、全員集まって事実の追求!

世界中の誰もが答えを出せていない未知なる追求ポイントに全員の頭を使って答えを出していきます。

そしていよいよ出勤☆

ワクワクしながら、でも少し緊張した面持ちで、各自の持ち場の教室や現場に向かいます♪

学校の勉強は答えが決まっているけど、仕事には答えがない壁や問題だらけ。だからこそ、どうする?何?何で?が止まらない!


勉強をしても自分の成績が上がるだけだけど、仕事は人々の期待に応える活動。だから活力が湧いてくる♪

そんな仕事は、子供達にとって未知なる世界。

その未知に挑み、閉塞した社会や教育に風穴を開けてゆく彼らの成長が楽しみです!!


0コメント

  • 1000 / 1000