類グループの一日(塾:教育コンサルタント編)

本日は、類グループのお仕事紹介・第2弾!

教育事業部(類塾)の教育コンサルタントの1日を紹介します☆


類塾の教育コンサルタントって、「どんなお仕事をするの?」と、よく聞かれます。

…正直言って、何でもします!(笑)


教室を経営しようとすると、営業・受付・授業・事務・庶務…、あらゆる仕事がありますよね?共同体企業である類グループの「類塾」は、基本的に職種に関係なく、みんなで「経営」を担います。だから、みんなで「全部」します

とはいえ、具体的には?を、本日はご紹介します♪


⏲教室の営業開始は、お昼の14時から。

(電話受付は、朝10時~営業開始まで本部で一括対応!新人は、そのお仕事を手伝うことで営業力UP♪)

営業前の時間は、みんなの期待に最大限応えるために、全体会議や15分ミーティングに使います。

・日々は、教室メンバーとの課題共認の15分ミーティング

・状況に応じて、本社に集合し、授業・営業トークの高度化ミーティングや、全塾の方針を全員で共認する劇場会議、など

どちらも、ポイントは、ブラ下がるのではなく、自分こそが組織を前進させるんだ!創っていくんだ!という主体性です。


⏲夕方16時~は、「幼小科」の授業を担当します。

幼小科は、幼児5才~小4までの一番大事な時期に、仲間の中で根幹能力を育んでいく授業です。幼小科の授業の様子は、こちらをご覧下さい☆→(https://rui-group.amebaownd.com/posts/6417607

子供たちから飛び出す柔軟な発想や相手を想う心に、潜在思念が豊かな子供の方が大人より賢いことを思い知る毎日です。だからこそ、一緒に成長できて、有難い。

⏲幼小科の授業後、19時以降は、営業タイム♪

5教科中心の本科授業に来る中学生の相談に乗って、一緒に方針を考えたり。

幼小科の授業で「みんなのために、こんな風に動いてくれた!」と成長ポイントを、保護者にお電話でお伝えしたり。

働いているお母さん対象に、保護者面談や入塾説明会を実施したり。

そして、すき間時間に、受付対応や事務作業、アピール掲示物を作ったり。

こんな風に、1日の中で、状況に応じて色んな課題を進めていきます。


こうしていると、みんな、たった数か月で色んな能力が身についた、

スーパーコンサルタント

に成長しています!

でも、その中でも、教育コンサルタントの一番重要な役割は、

「みんなの活力を上げる存在」であること!

そのために、生徒と保護者、保護者と講師、保護者同士、同じ教室で働くメンバー同士、部門を超えたメンバー、みんなを繋ぐこと。そして、みんなを明るく可能性へと導いていくこと。


そんな教育コンサルタントたちは、類塾にとって、なくてはならない存在なのです♪

0コメント

  • 1000 / 1000