中卒2年目!社会で大活躍中のN君がすごい!

類グループの設計事業部には、中卒で社会に出た16歳の仲間N君がいます。

N君と一緒に課題に取組む中で、彼の活力・追求力には、本当に刺激を受けました。(

というより、ぶっちゃけ「焦り」ました。。)

今回は、既に社会で大活躍中のN君を紹介します!

課題は、100棟程ある建物の照明LED化コンサル業務。

既存の照明器具・数を図面から収集、LEDへの更新に際し、ベストなコスト・スケジュールを提案する課題。

この課題を通して、N君のパワフルな仕事ぶり、活力、追求力に、「負けてる!」と感じたのです。


◇課題に対する活力!

まず始めに、建物にどれだけ照明器具があるか、図面から収集するのですが、課題の中には、40年以上前の図面もあり、手書きで、字も薄く読み取りにくい箇所が散見されます。

私は正直、「読取るのが大変な図面だな。」と、感じていました。

しかし、打合せで図面を見せた時のN君の言葉に強烈な衝撃が走りました。

「この膨大な図面、手書きでここまで書くってすごい!照明もこの通路に設置されているのは、どんな意図かな。今はあまり見ないけど・・・」

彼にとって、図面は「何?何で?」の宝庫。

何事も掴んでやる!という強い意志と設計者への敬意を感じました。

初めての図面に、思いを馳せ、追求する活力。打合せでは、過去に、空間に、すぐに深く入っていきます。

彼の姿勢が、単なる作業へ埋没しかかっていた私を呼び戻し、ワクワクする追求課題へと引き上げてくれました。

彼にとって仕事とは、「いくらでも楽しみ方がある。」もので、どんな課題に対しても追求する楽しさと活力に溢れているのです。


◇課題を主体的に追求する姿勢と周りを巻き込む瞬発力!

進め方に迷ったとき、「どうすればよいですか?」と質問に来る大学生アルバイトは多いのですが、N君は自ら追求し、彼が別の課題で実践した方法を、今回も生かせないか主体的に実践してくれました。

「どうやって、膨大な資料から最短で照明器具を拾おうか?」

「結線を見ていると、電気系統別に分ければ、曖昧な空間も明確に仕切れるはず。」

N君の方針で一緒にスケッチ。

すると、綺麗な線引きが見て取れ、照明器具の拾いこぼれがない正確な区分が浮かんできたのです!

「ひとまず、これで1フロア整合するかやってみます!」と、すぐさま自席へ!

1フロアに費やした時間と感覚から、仮説が確信に!

「このやり方で、他のフロアも突っ走ります!」

常に「どうすればより早く、良い成果を上げられる?」と彼の追求心でスピードは一貫して上昇。

社員を素早く巻込み、自ら追求して高い成果に繋げる彼の活躍を見ていると、この追求力に大人は勝てないな、と感じます。

◇中(高)卒で社会へ出るということ

同様の課題に取組む大学生アルバイト、さらには社員より、N君のスピード・成果度は圧倒的に高い!

違いは、常に思考の先に相手がいる事。だからN君は仕事において最も重要な相手を想う力、素直さ、人間力が抜群に高いし、仕事への活力・追求力も現代の社会人と比べて断然高い!

現代の社会人は自分の課題をどうこなすかに埋没してしまい、この思考ができる人は多くありませんが、「仕事」という常に相手がいる課題をする上で最も重要な視点です。

「仕事は苦役」と捉えている大人よりはるかに高い成果を上げられるのも当然です。


この人間力は、社会と切り離れた学校空間では育めません!

つまり早く社会に出るほど、社会で必要な人間力が伸びていくことは、もう明白となっているのです!

今回活き活きと働くN君と一緒に仕事をして、このまま負けてられないな!という気持ちが湧いてきました!

0コメント

  • 1000 / 1000