言語能力を磨きたい人必見!転塾生も大絶賛の類塾国語(動画付☆)

国語の授業といえば、問題演習→講師の解説が定番。
言語能力を伸ばすには「本をたくさん読むこと」などと言われたりしますが、ただただ本を読んでいるのでは力がつきません。


「類塾国語」は、受講した転塾生が

・「他塾に通っていた時は、国語の文章を読むのが特に苦手だったけど、類塾で文章を読み取って頭の中でイメージする力がついた!」

・「一番苦手だった国語の成績が短期間で50点上昇!類塾にきてよかった。勉強が嫌いだった私が毎日塾に来て楽しく勉強をしていることが驚き!」

と大絶賛するほど、意欲も成績も上がるんです♪♪
今日は類塾国語の特徴を、動画付きで紹介します☆☆


言語能力再生のカギは“聴覚”にあり!

類塾国語の一番の特徴は“言語能力の根幹=聴覚から鍛える”授業であること。

というのも…

人類が言語機能を発達させてきた方法は「聞いて、真似して、声に出して吸収する」。
実際、赤ん坊は、周りと一体化しようと、ひたすら聞いて、真似して、声に出して言葉を吸収します。
それが、ノートを取るのが当たり前の授業を受け続けることで、いつの間にか文字ズラだけを理解しようとする「文字脳」の状態に陥ってしまうのです。

そんな状況でいくら問題演習をしても、時間の無駄。
そこで、類塾国語には、聴覚を鍛え、潜在思念を解放する仕組みがふんだんに盛りこまれています。
百聞は一見にしかず☆ということで、今日は類塾国語を動画で紹介します!


いかがでしたか?
高速音読で潜在思念を解放する。

様々な切り口の文章を聴覚で捉え、事例の幹を蓄積する。
掴めたものを構成し、5分で200文字の文章を書く・・・

今日動画で紹介した以外にも、聴覚を鍛える様々なメニューがあります♪

言語能力は、国語や他科目だけでなく、“会話する”“議論する”“課題に対してどうする?を考える?”など、生きていく上での根幹部分です。
誰しも赤ちゃんのころに出来ていた聴覚脳を取り戻すには、早ければ早いほど効果は現れてきます。転塾生も大絶賛の類塾国語!是非お早めに受講ください!

■類塾ホームページはこちら



0コメント

  • 1000 / 1000