毎年恒例、鏡開き ☆お餅も気持ちもくっついちゃいました(笑)☆

こんにちは!内定者の藤井です。4月からの入社に向けて、現在本社受付でアルバイトをしています☆

さて、先日社内で鏡開きを行いました!

本社の女子で力を合わせて、せっせかおぜんざい作り。

初めは大量のお餅を焼くのに手こずりまくり…

細かく切ったはずのお餅が、何故か一つになってレンジから現れました。驚きました。

まるで「一人一人は違うけれど気持ちは一つ」の類の社員のようだ…

この時シャッターを切り続けてくれていた広報の先輩も、いつのまにか一緒になってお手伝いしてくださいました!(餅が一つになってレンジから出てきたあの光景を思い出す…) 


いくつもの困難を乗り越え、最終的にはとても美味しく出来上がったおぜんざい♪

早速社員の皆さんに配りに!

「ご馳走様~!美味しかったよ~!」とお声を沢山頂きました…泣きそう。


会社でおぜんざいを作って振舞う未来の自分など、当たり前に想像できませんでした。

こんな驚きが日々ある面白い会社、それが類です。

こういったことは、この会社では当たり前の景色です。

一人で抱え込む、という概念がありません。常に誰かと誰かが目を合わせて笑っています。

4月からこの会社でこれからどんな新しいものを生み出せるだろう、類の未来にワクワクしている内定者・藤井でした☆

0コメント

  • 1000 / 1000