類グループの志を軸に集まった学生たちの高め合いがハンパなかった!

おはようございます。募集室の山田です。
いよいよ、2019年が明けましたね。
今年も、みんなでココロもカラダも健やかに、充たし合って生きていきたいっ!
今日は、エネルギーの源となる「仲間」のお話をしたいと思います✨

 * * *

以前、このブログでも紹介した秋の3daysインターンシップは、夏のインターンシップからの選抜メンバーが集って行ったもので、仲間同士の高め合いがハンパなかった👍✨

まず最初の、みんなが集まったときの空気から違っていて、その場にいるだけでエネルギーがみなぎる感じ🔥

何が違うのかというと、みんなの🌟可能性収束🌟の力!

社会構造を掴む学びや図解化演習でも、本気度が違うし、休憩時間も「ここの矢印ってさ…」「ここのつながりの事例って…」なんて、熱い追求が繰り広げられました。

実現塾の後でも、「ここ、もっと知りたい👆」「今回の提案のヒントになるかも💡」など、現実や事実を知れば知るほど、みんなの追求が加速していきます。

事実追求を心から楽しめる仲間が集まったことで、各自が日常での悩みや課題点を突破する「ヒント🚩」を得て帰ることができました👍

ある参加者は、自身の活動で行っている営業の成果が出ず、ここ数か月悩んでいたそうです。色んな人に相談して、そのたびに小手先の方法論を学んでは、やってみるがうまくいかず…💦

今回の3daysインターンシップに来る直前には、「全然うまくいかない。。(相談した)相手にも申し訳ないし、自分はダメだ…⤵」とかなり落ち込んでいたようですが、ワーク終了後に「本当の気持ちに、やっと気づけた」と涙ながらに話してくれました。

今まで、頭の先っぽだけでどうにかしようとしてたけど、自分の本当の課題である「人間力を身につけたい(自信がない)」という本音を、他のメンバーの姿から気づき、言葉にしてくれたのです😢

行き詰っているときに、頭で何とかしようとしていくらもがいても、心が開放されていないと、先っぽだけの観念に振り回され、焦っていくだけ。

無能の自覚をして、赤ちゃんのように心を開いて、みんなやうまくいっている人から学ぶこと、感じることで、本当の課題が見えてくる!

今回のワークのように、ただみんなで成果を出して喜んでもらえる企画が作れるようにと無我で追求できたときに、「私の願いは、ただ誰かと充たされ合うこと✨」なんだと気づき、それを言葉化することができました!

こういった気づきを生み出せたのは、まぎれもなく、集まったメンバーのおかげ!!

そして、こういったメンバーが集まったのも、みんなが本気で結集できる「類グループの志、想い」があったから✨

このような「仲間」を作っていけるって、人生の中で何より豊かなことだと思います😊
そして、それは、自分の軸(世界)ではなく、そこを一歩飛び出て、仲間と共に本気で外の対象に向かった時に、築けるものなのです✨


「うまくやろう!」とか「人に突っこまれないように💦」とか、内に意識が向いてうまくいかない時こそ、常に仲間を見て👀、現実を見て👀、自分の本音(潜在思念)に嘘つかないでいると、実は、みんな=自分の潜在思念はとてもシンプル(みんなと喜び合いたい、充たし合いたい)なことに気づきます💓

(きっと、このみんなの潜在思念を「結集軸(ex企業理念や志)」にできているかどうかが、充たされる集団・生き残れる組織たれるかどうか、につながるんだろうな…✨この話はまた機会があれば…)

私も、みんなと一緒に心を開いて、こういった「仲間」を増やしていけるように、「仕事をもっとがんばりたい!」という想いで胸がいっぱいになりました~😻

3日間なかなかハードスケジュールだったので肉体的には疲れたけど(笑)、心は活力満タン💕に充たされた3日間でした😊みなさん、本当にありがとう💓

0コメント

  • 1000 / 1000