「未来の学び場を創る」リーフレットが完成しました!

こんにちは、設計室4年目の今村です。

このブログでも紹介した「さて突然ですがクイズです」「一番変わるべきは教育!だから学校設計はおもしろい」、大阪工業大学の先生方、常翔啓光学園啓光中学校の子供たちと共同で行い、大成功を収めた「デザイン思考講座」のリーフレット

「未来の学び場を創る」

が完成しました!


『これからの学校は?求められる学びは?それに応える建築空間は?』を盛り込んだリーフレット!

「設計」の仕事がしたいと思っているみなさん!!

設計をするだけでは、本当にお客さんの期待に応えることは出来ないんです!新しい潮流をどう捉えるかが新しい価値を生み出す設計につながります。

このリーフレットにはその「ヒント」が満載です!ぜひ手にとって見てほしいです!!

◆地域の問題を見つけて、解決する学校が良い!

リーフレットで紹介しているワークショップを終えた子どもたちの感想に…


「だらだらする学校が良いと思っていたけれど、現実の地域の問題を見つけて自分たちで解決する学校の方が良いと気づけた!自分たちで地域の問題を解決するのはすごく喜びになる!」


とありました。


彼の言葉が示すのは、学校が“勉強をする場”ではなく“人の役に立つ力を身に付ける場”だということです。

そんな学びの場を彼ら自身が心の底から求めています。

講座で大阪工業大学の先生方と我々が伝えたかったこと、子どもたちと一緒に追求したかったことがまさにこのことでした!

仲間との追求、現実課題の追求、事実の追求を通じて、明日何が起こるかわからない社会で生き抜く力を獲得する学びの場を実現すること。それが類グループの取り組んでいる使命であり、そこでは「設計」は一つの手段でしかありません。

◆理念や戦略をカタチにすること

今回完成したリーフレットでは、ワークショップの様子を余すことなく紹介しています。

それは、先生方の「子どもたちのことを第一に考えた、子どもたちが主役になる教育」という想いがまさに表れているとも言えるでしょう。

類設計室は、そんな志や戦略を実現するパートナー。だからこそ、「設計以前」の段階から協働でとことん追求!

こんな私たちと仕事がしたいという教育関係者のみなさん、こんな職場で思う存分みんなの期待に応えていきたいという学生のみなさん、ぜひご連絡お待ちしております!


※リーフレットを「ぜひ読んでみたい!」という方がいらっしゃいましたら、下記の問い合わせページにご連絡下さい。

https://www.rui.ne.jp/architecture/form/form_arch.html


(類設計室 意匠房 今村達哉)


0コメント

  • 1000 / 1000