【教育情報】ルネサンス高校HPで、類塾の授業見学の感想が紹介されました!

類塾の授業が、ルネサンス高校のHPで紹介されました!

ルネサンス高校とは…非常に珍しい株式会社立の学校。ネットを利用することで全国どこからでも入学可能な通信制高校です。

ルネサンス高校の教育デザイン室長である竹内先生が類塾の授業に訪問し、その様子を記事に書いてくださったのでご紹介します!

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ 

「類塾の「天才教室」へ迎えて戴きました(2018年10月18日)」(リンク


スーパーサイエンスコース主幹の竹内です。昨晩、(株)類設計事務所の教育事業部である「類塾」の千里中央教室を訪ねました。同社・企画室の橋本宏キャップの仲介で、教室長の新里勝一郎講師が担当する最前線の授業に触れることができました。最新のメニューは、名づけて「高速音読法」と「5分間勉強法」です。

(中略)

高速音読法とは、まとまった意味のある文章(類塾のオリジナル教材だそう)を故意に速いスピードで読み上げる学習方策です。これは、学校の試験で植え付けられた「解らないとダメ」とか「覚えないとダメ」と言ったいわば、"邪心"を取り除く効果があると実感しました。信じられないかも知れませんが、多くの人が学校でのテストを通じ知らず知らずに脅され、「解ろうとする」とか「覚えようとする」ことに意識が向いてしまい、本末転倒なコトですが肝心の文章そのものを「楽しむ心」*1が疎かになってしまうのです。

*1 人は「楽しむ心」が優先で、それを前提にして届く進学先や就職先で満足すべきです。その原則を破って、無理に進学や就職を実現しても、それでは「狡猾な心」の顕れに過ぎず、人は不幸に陥るだけのこと。現代日本社会の歪みは、受験や就活の場で、この「人としての大原則」を犯すがごとき制度設計をしてきてしまった末路です。努力の履き違えであり、それを見極める智慧に乏しかったのだと言わざるを得ません。


5分間勉強法は、脳に新鮮な刺激を与え続けられるよう5分間ごとに科目・題材を切り替えて学ぶスタイルです。単に内容を切り替えることの効用だけでなく、それまでの個々人で到達した学習方法を見直す効果も期待できるようです。特に、それまでの一つの方法に固執する思い込みの他、「目的」と「手段」を履き違える「落とし穴」などに嵌まってしまいがちな「轍」から抜け出す救済効果も期待できると思われます。


橋本キャップや私の席も予め決められていて、どのような人物が来るのかもアナウンスされていた様子で、同じ考えの者が集うと説明され、心なしか温かく歓迎された感じでした。近々、2020年の入試改革がたけなわとは言え、まだ塾の大半が入試の出題対策をターゲットを当てた進学指導が主流な中、入試得点を競う学びは頭では邪道だと察知しても、ホンキで方向転換をする私塾が実現するとは夢にも思いませんでした。


生徒たちの風貌は、私の元をこの春、巣立った岩田くんや新保くんと似た雰囲気を持っていました。中高生が、どこか大人びたオーラを放っていたのです。否、これが本来の日本の若者の顔だったのだと思います。どこかで誰かが、人間が持つ魂すら捨てされるがごとき大間違えの学校教育を流布させてしまったのです。

どうやって人の魂を奪い去ったのか? それが、学校におけるテスト*2と称した集団催眠術です。これすら見破れないのは無明で、情けないことだと言わざるを得ません(文責:教育デザイン室長・竹内 準一)。

(後略)

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ 

類塾の天才教室が評価されることもですが、「日本の教育をよくしていく!」という志を共有できる仲間が増えていくことが何より嬉しいです☆

0コメント

  • 1000 / 1000