【最強勉強法】国語と英語が苦手な人必見!「高速音読法」で自己ベスト達成者多数!!

最強勉強法に徹底的に取り組んだ類塾生から2学期の中間テストで「点数が急激に上がった!」「自己ベスト達成!」という嬉しい報告が上がってきています♪

" なぜ、類塾生たちの点数が上がったのか"の秘訣を4回シリーズで紹介します。
第1回の今日は「高速音読法」です。


高速音読法とは…
人類が言語機能を発達させてきた方法は、「聞いて、真似して、声に出して吸収する」。
実際、赤ん坊は、周りと一体化しようと、ひたすら聞いて、真似して、声に出して言葉を吸収してゆきます。

その言語の習得過程に習って、潜在思念で掴むしかない状態を作り出すのが「高速音読」。

多人数で音読すれば、一体充足も加わって、ほぼ言葉の吸収構造そのものに近づき、さらに潜在思念と繋がりやすくなります。

最も有効なのは「高速音読」で、限界までスピードを上げること。すると、「理解したい」「覚えたい」という邪心は消えて、もっぱら潜在思念で掴むしかない状態になります。



では、実際に取り組んだ生徒にはどんな変化があったのかを紹介します。

================================
■考えずとも言葉が勝手にすらすら出てくる!
 英語20点UP (中3 男子)

ずっと英語が低迷していたから、覚えようという意識も持たず、毎日ひたすら教科書を“高速音読”。書けるかどうかのチェックもしなかった。
テスト当日、英語の並び替えや書き換え問題、穴埋め問題は、普段なら頭で考えながら解いていたが、今回は、何も考えずとも勝手にスラスラ言葉が出てきた!語順も、一瞬で音が流れていくように出てきた。
“高速音読”で文章がほぼそのまま頭の中に入ったことを実感できた。

=================================
■苦手だった英語を「高速音読」で突破!
 英語36点UP 社会22点UP ★自己ベスト達成★ (中2 女子) 
先生から、今回のテスト対策で、教科書や学校のワークを“高速音読”してみようと勧められ、実施してみた。これまで単に問題演習しただけだったワークは、音読しながら解く&解いた後に音読をして反復した。そしたら、なんと英語が36点アップ!今まで英語が苦手だったのが嘘みたい。他の科目も、音読を取り入れたことで大幅に点数が上がった!

================================== 
■何度も書くより「高速音読」 
 前回から35点UP!!5教科合計443点 ★自己ベスト達成★ (中1 男子)

これまでのテストでは提出物を仕上げることに時間を費やしていたけど、今回はそこを転換!数学の問題演習で集中が途切れたときに“高速音読”を実践。教科書本文なども、今までのように何度も書くよりも、“音読”の方が早く覚えられた!

==================================
■「英語と国語が苦手」を突破! / 英語21点UP、国語9点UP 
前回から26点UP!!5教科合計441点★自己ベスト達成★(中2 男子)

今までは音読を「苦」に感じていたけど、「集中講座」で“高速音読法”の楽しさを感じ、今回のテスト勉強でも取り入れてみた。すると、苦手だった言語系の科目で、英語12点アップ、国語9点アップと、軒並み点数が伸びた。音読の効果を実感!

==================================

いかがでしたか?

国語、英語、社会などの文系科目の上昇が目立つ「高速音読法」。
覚えるつもりはなくっても、文章がスラスラ頭に流れてくるようになることで、結果、並び替えも、穴埋めも、書き換えも、英語のスペルもスムーズに答えられちゃうんです♪♪
高速音読法は、スピードを上げて長文読解に勝つ最強の勉強法なのです!


ちなみに、この高速音読法は勉強だけでなく、仕事場面でも役立つんです。
が、その話はまた今度!

「へぇ~やってみようかなぁ?」と思ったあなた!
今が始めるチャンスです。
成果が出せるかどうかは、やってみようかなぁと思った今から始めるかどうか。
そのスピードにかかっています!





0コメント

  • 1000 / 1000