【楽学のススメ】5分間勉強法のコツ:すぐに解説をみる!

類塾で実施している「5分間勉強法」とは、

①問題を読む

②問題を解く

③正誤チェック

④答えにいたる道筋をインプット

を5分でやりきるというもの。

5分間勉強法を自習室や自宅でやってみている中3生から「5分間のはじめの1分と終わりの1分は最大に集中できる!だから1時間とか2時間で区切るのと比べて集中度マックスになる時間が格段に増える5分間勉強法は効果大!」なんて声も挙がっています。


この勉強法のコツの一つは「分からなかったらすぐに解説をみる」!


…なんですが、正直に申し上げると、「分からなかったらすぐに解説をみる」への意見が生徒たちからいろいろありました。

「自分で解ききりたい、やりきりたい。」とこだわったり、「暗記しているだけになってしまうのでは。」と漠然と不安がったり、「答えを見るのは悪いこと」と罪悪感を感じるほど思い込んでいたり、など、意外にも「すぐに解説を見る」ことに対する様々な壁が存在していたのです。

■脳は飽き性。だから「すぐ解説」!

「“すぐ解説”で頭に叩き込んでしまおう!」という指導の根拠は、「脳は5分で飽きてしまう」という事実にあります。

一般的な人間の最大集中力は5分ほどしか続かないものなのです。

「自分で解きたいから」と粘るのは、脳への刺激という点で効果がありません。言わばダラダラやっているだけ。なので、類塾の「5分間勉強法」は延長なし。問題をしっかり読んだ上で、何も思い浮かばなければ、すぐに解説をみてインプットを開始し、次は出来るようになるレベルにまで仕上げます。問題も科目もどんどん変わって進んでいくので、高い集中力を維持し続けることができ、スピード2倍×定着率2倍を実現させています。

実際、「すぐ解説」に対する意識を変えた生徒たちから、成果がどんどん上がってきています!

「すぐ解説」が定着しているクラスでは、5分間勉強の後に実施する「学び合い」の中で、「解説の○○が分からなかったから教えて」「解説には○○ってあるんだけど、△△っていう解法もある」など、解説をベースにした学び合いが自然と行われるようになり、理解度が一段と上昇しています。

※学びあいとは「誰かに教えて相手に分かってもらうことを最終目標にすることで、アウトプット志向を鍛える勉強法」。詳しくは→https://rui-group.amebaownd.com/posts/4452190


他にも、ある数学が苦手な中3生女子からは「“すぐ解説”を実践するようになって、問題が全部マスターできたし、学び合いで今までは教わる立場だったのにずっと教えていた!」なんて報告もありました。

■1秒たりとも無駄にするな!5分の使い方で合否が決まる!

仕事に当てはめてみると…迷いなく「すぐ解説」ですよね。

だって、限りのある時間の中で「本や検索サイトで調べたり、出来る人に聞いたら、自分の力にならない」と不要に時間を費やしたり、「自分でやりきりたいので…」と期限を延長したりなんて、仕事では論外だから。スピードが遅い時点で成果不良ですし、そんな悠長にやっていたら負けます。

学校で教わる勉強法(思考法)が、仕事などの現実の世界では通用しないことを感じてしまいます。


ちなみに。類塾の講師はどんなふうに生徒たちを本気にさせているのか気になりませんか??集中力やスピード力を高めるため、こんな声掛けをしながら動き回っています!

★できた子も出来なかった子も300秒、1秒たりとも無駄にするな!5分間の使い方で合否(成果)が決まる!

★自分の理解が破たんするかしないかぐらいのギリギリのスピードで読んで!

★考えてこの解法で行こう!と思ったら、速攻で答え見て!

★答えが合っているかどうかはどうでもいい!「考え方」が合っているか!

★ラスト1分半には必ず答え見て!試験本番もそんなに考えてはいられない!


などなど。読んでいるだけで、ソワソワヒリヒリドキドキという気分になってきませんか??

類塾生たちはこれらの声掛けに乗っかって、集中力もスピードも極限まで上げていきます。「間違ってもいい!この5分で頭に入れきったらいい!」そんな気迫で闘っています。

「類塾の5分間勉強法、体験してみたい!」というお子様はもちろん、保護者様もぜひ最強の「5分間勉強法」を体感してみてください☆ご参加のご連絡は、お近くの教室までご連絡ください!

0コメント

  • 1000 / 1000