パワフル&すてきな産後ママ発見☆~育休中に出会った「産後ケア」~

こんにちは。共同保育室の三上です。私は3歳男子と3ヶ月女子の子供がいる二児の母で、現在は育児休業を取得させてもらっています。でも、ただ休んでいるのではなく、会社に子供と一緒に出社して仕事をさせてもらったり、共同保育を地域に広げるためにどうするかの探索をしています♪

今日は、その探索で出会った「産後ケア」をご紹介します!


私が参加した「産後ケア」は、認定NPO法人マドレボニータが主催する活動で、妊娠中の方や産後のお母さん方を対象に、バランスボールエクササイズとコミュニケーションワークを2時間行う講座でした☆

●“私”を主語に大人同士の会話→仲間がいっぱい☆

バランスボールエクササイズは、自分の動けない身体に滝汗!でも、インストラクターの永野間かおりさんの明るい声掛けに元気をもらったり、日々の育児に奔走している産後のお母さん方と笑い合えてとっても楽しい時間に♪

後半のコミュニケーションワークの時間は、“私”を主語に大人同士の会話タイム。普段は“子供”を中心に考えてしまうけれど、一人の大人の女性として自分の気持ちに向き合います。

育児の悩み、パートナーや家族へのイライラ、これからの将来に対する不安などなど。実際にやってみると「自分ってそれ悩んでいたんだ!」と、気づいてなかった自分の気持ちに気づくことができて驚きました!


その後、運営されていた方にお話しを聞いてみると、なんとこの「産後ケア」を企画してインストラクターの方を呼んでいるのはその地域のお母さんたち!同じ道を通ってきた母だから、「産後のお母さんたちに必要なことをやっていきたい!」と立ち上がり「マドレ・オホーツク」という団体を立ち上げたんだそうです☆☆

そう!私もそういうことやっていきたいと思ってる!と、とっても親近感!&すでに行動していることに尊敬の気持ちが湧きました^^


“みんなの喜んでくれることをしていきたい”


そんな素敵なお母さん方は日本全国(きっと世界中)にたくさんいて、それが広がっていったら社会ってもっと過ごしやすくなる♪笑顔であふれる♪♪

これからも素敵な出会いを求めていろんな場に出ていったり、集まれる場を作っていきたいなと思った産後ケア体験でした♪♪

(教育事業部&共同保育室 三上香緒里)

0コメント

  • 1000 / 1000