【楽学のススメ】歴史人物にインタビューしちゃいました!

歴史って、興味が持てたら「面白くてどんどん知りたい!」ってなるけれど、興味が湧かないと「数字と事件と登場人物の暗記→面白くなくて覚えられない」に陥りがち。

そんな歴史で新しい勉強法を編み出し、「楽しんで勝つ!」をイキイキと体現してくれた生徒の事例をご紹介します。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

中2・Aさん 定期テスト476点/500点 過去最高で前回の期末テストから22点上昇!

→秘訣を聞くと、今回は完全に勉強法を変えた。今までは一個一個を確実に覚える方法をとっていたが、自主グループで友達と一緒に歴史もストーリー、物語にするやり方をしたら大幅に上昇。しかも滅茶苦茶面白かった

実は中1からも過去最高得点を記録。やっと自分の勉強法がみつかった感じ、とのこと。


このAさんが、実際に教室で歴史の勉強をやっているところを発見しました♪

「江戸の改革(インタビュー式)」と見出しを書き、「亨保の改革」「田沼の政治」「寛政の改革」について、やっているところでした。白板いっぱいに、歴史人物と自分のインタビュー形式で、歴史を楽しんで覚えているんです!

******Aさんの板書、一部抜粋********

俺は徳川吉宗!暴れん坊将軍!

耳でかーい!(←教科書の写真から特徴を捉えていた。)

(以下、インタビューする人:イ、徳川吉宗:吉)

イ「どうもー!よろしくお願いします!」

吉「ウッス!!」

イ「あなたの政策はどんなもんでした?」

吉「ちゃんと聞いてねー!こんがらないでね!頭!

俺が将軍のとき、米が不足して大変やってん!それで行ったんが・・・

新田開発や上米の制!

他にも、刑の基準となる公事方御定書や目安箱を設置してん!!

どや!やるやろー。俺!」

イ「そうですね!その政策をしていいことはありました?」

吉「ん・・・。まあ・・・。財政は改善されたけど・・・。」

イ「けど?!」

吉「年貢が増えて、一揆が増えてん!」

イ「そうですか・・・。ドンマイですね・・・。」

吉(号泣)

******Aさんの板書、一部抜粋おわり********

結果、社会は98点でした☆(中2になってからの社会の推移は、92→93→98点。)

とにかく、やっていて、楽しそう!

他の生徒も、すごい!と絶賛!

これは成果も出そう♪と思ってみていたら、実際に5教科総合でも過去最高点!

しかもこれ、入試時になっても絶対に覚えてる→覚えなおしの必要がない!

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

「楽しんで勝つ!」をトコトン追求しきることが、高い成果につながっていくことを教えてもらいました☆

0コメント

  • 1000 / 1000