農業の人材募集が上手くいかないワケ。類はどうする?!

こんにちは。みなさん知っていますか?

農を職業とする生産法人の経営者は人材募集に本当に苦労しています…(>_<) 

『何でなかなか、上手くいかないのか?』というと、それは労働条件を軸にした募集の打ち出しになってしまっているから!(例:週休2日、賞与年2回支給、有給制度あり、体力的にしんどい仕事は無いので安心等)

それでは当然、志は低く労働条件にしか反応しない層しかこない!

更に、上記条件でも、いわゆる一般企業に比べたら条件は悪いので、そもそも応募が無いといった構造に陥ってしまっています。


現在の意識潮流は「役に立ちたい!」「みんなで追求したい!」「新しい共同体の実現のため農業をはじめ地方での仕事をしたい!」といった潮流。

更にベーシックインカム(基礎保障制度)が実現されれば、その潮流は加速していくに違いない!!

類グループはこの意識潮流にそって募集を打ち出しているので、この2年で3人の新卒を迎え入れる事が出来ました♪

更に、上記の潮流に沿ったネット打ち出しをしたところ、直ぐに2名の研修希望生からの反応♪


やっぱり、今の意識潮流は「役に立ちたい」「みんなで追求したい!」「新しい共同体の実現のため農業をはじめ地方での仕事をしたい!」で間違いない!

類農園の志は、単に自社が勝っていくだけでなく「地域の農業の核となり、活性化を図っていく」こと。農業は土地管理、水管理、獣害対策など、あらゆる面で地域と一体にならなければ成立しません。そこで類農園では、作物を栽培するだけでなく自社で直売所も運営、直売所という販路=売り先の確保が大きな引力となり、農家の組織化、地域活性化を図っています。

そして、さらに目指しているのが、農家との「協働関係」から「追求関係」になっていくこと♪

それを実現してこそ、「自分たちで地域を作っていく」「守っていく」という主体的な強い地域となっていくことができると考えています♪

私たちと一緒に新しい「農」を作っていきましょう!


▼お問い合わせは下記より▼

http://www.rui.ne.jp/recruiting/

また、会社説明会も随時行っております!

▼開催日程及び参加申し込みは、こちらから▼

http://ssl.rui.jp/bosyu/1_reg.html

0コメント

  • 1000 / 1000