「腰の軽さ」と「ワクワク感」が決め手☆

みなさん、こんにちは!!!


突然ですが、「まわりのみんなを巻き込んで、可能性をどんどんカタチにしていく人」って、どんな人を想像しますか?

例えば、「頭の回転が早い人」とか、「決断力がある人」とか・・・。


でも、1番大事なのは、みんなを巻き込む「腰の軽さ」と、「みんながワクワクする課題を抽出する」ことなのです。


今日は、設計室において、僕の後輩N君がグループ追求を主催した時のエピソードを紹介します!

■若手が、ベテラン達を巻き込んで、技術の高度化を自ら先導!


ここ最近、意匠チームでは、「技術高度化会」を継続的に開催しています。


技術の底上げという位置づけで始めたものの、社内で展開されている他のグループ追求のように、楽しさと成果が増していかないなぁと感じることもありました。


そんな中、意匠チームの中心課題のひとつであるBIM※について、


「・・・BIMの高度化課題をやりたいんですけど・・・」


と、ふら~っと、いつもの調子で後輩N君が近寄ってきたので、一緒に具体的な段取りを組み立てていきました。

(※BIMは、ビルディング・インフォメーション・モデリングの略で、3次元の建築モデルを作成するシステムのこと)


N君は、その後、ベテラン達に課題のメールを送ったり、参加者の構成を考えたり、先輩と具体的な運営イメージを膨らませたり、どんどん課題を進めていきました。

彼が腰軽く動いている姿から、周りのみんなもいつの間にか巻き込まれ、追求心に火をつけられて、やる気になっていました。


「これをみんなと共有したら楽しそう、成果を出せたらみんなも喜びそう」という期待感を持って、どんどん周りを巻き込んでいく。

今の時代、みんな発の期待感と素早く動ける腰の軽さ。これが成果上昇のための重要な武器なのではないでしょうか?!


ぜひ、お試しください!!

0コメント

  • 1000 / 1000