類広宣社も毎日ミーティング始動!仲間と生み出す前進感が最高!

先日行われた全社劇場会議では、能力・活力をさらに上昇させていくヒントがたくさん見えてきました。

中でもアンケート部隊の「失敗→どうする?」をみんなで可能性探索という部分。


類広宣社では、地域の方々と日々関わりながら、地域の役に立つ情報を届けたり、事実報道新聞の発行・販売を通じて、追求の輪を広げていったりと幅広い活動を推進しています。

毎日、老若男女さまざまな地域の方と接するので、その度にいろんな可能性や壁が見えてきます。


これまでは週1回のミーティングで共有するだけでしたが、劇場会議でアンケート部隊が毎日帰社後のミーティングで活力と可能性に向かう力が上昇していく様子を見て、早速私たちも毎日ミーティングを開催していくことにしました!


「今日はこんな話し方をしたらすごく共感してもらえた」「一緒に仕事できそうな仲間が見つかった!」「あっちのエリアではうまくいったトークがこっちのエリアでは全然響かなかった・・・」「地域のスタッフにどうやって課題をお願いすればもっとやる気になってもらえるかな?」などなど毎日、各メンバーが感じた可能性やいままで流してしまってた壁もどんどん出てきます。

壁はその場で「みんな追求」し、どうする?を追求。


その追求の場自体も方針を持って毎日活動できるというのもすべてが活力に繋がって、もし1回失敗したとしてもすぐに次の可能性に向かっていける前進感が生まれてきました!


まだまだ乗り越えるべき課題は山積みですが、この活力上昇を土台に、どれだけみんなで追求力、可能性収束力を磨き、成果をあげていけるのか?みんなでワクワクしています♪

0コメント

  • 1000 / 1000