【楽学のススメ】「体験」と「見学」は大違い!~保護者の「授業体験」始めました!

新しい寺子屋、「天才教室」。

導入以来、子どもたちは日々新たなメニューを開発したり、生き生きと追求を楽しんでいるのですが、親からすると「なんでそんなに塾が楽しいの?」状態だったりしませんか。それもそのはず、旧来の「学習塾」のイメージを打ち破る「天才教室」の楽しさをひとことで説明するのは、思春期の子どもじゃなくても、なかなか難しいのです…。


そこで、

「百聞は一見にしかず」。

保護者の方の「天才教室体験」始めました!

画期的なのは、「見学」ではなく「体験」だということ。「見学(参観)」って、「見られてる」方は緊張するし、「見てる」方は手持ち無沙汰…ってこと、ありませんか?

天才教室の子どもたちは、異年齢でも初対面でも、すぐに打ち解けて追求仲間になってしまいます。大人もそこに入れてもらう作戦です!

やってみるとこれが、「大人でも頭を使うし、楽しい!」と大好評♪

体験された保護者の方の声をご紹介します★

「テーマ追求で議論していた男の子たちの話が、すごく世界や周りをしっかりと見ていて、聞いていても『たしかに!』と思える話を、自分たちだけでどんどん膨らませていっていたのが凄かったです!」

初対面でもあんなに打ち解けて話せるものなんですね!」

「学校の授業参観に見に行っても発表なんかしてくれなかったのに、ここでは率先して追求していたことに驚きました!」

「子どもが『授業が面白い!』といって、活き活きと帰ってくる理由がよく分かりました!」

「勉強課題のはずなのに、あんなに楽しそうな顔は家では見ませんよ


しかも、大人の授業体験は、子どもたちにとってもいいことだらけ!

学校の授業参観とは違って、同じ課題を大人が必死で取り組んでいるのを見ると、いつもより本気度がアップして、追求が深まります。

中には、保護者の方にごく自然に、助け舟を出してくれる場面も。

「答えのない課題」を追求するのに、大人も子どももありません。同じ課題を一緒になって追求するのは、年齢関係なく、とても充足する場なんです。

みんなの追求の場、類塾の天才教室。保護者さまもぜひ、「授業体験」にお越しください。類塾生たちと一緒に、お待ちしております。

(お気軽に、希望教室までご連絡ください→ 各教室連絡先

0コメント

  • 1000 / 1000