【子育て通信】脱☆管理親! ~みんなで見守る~

みなさんは「管理親」と聞いて、どんな姿を思い浮かべますか?

あれしなさい、これしなさいとつい先回りしてしまう、テストの点数だけで本人の頑張りを評価してしまう、それは汚いからダメ、これは危ないからダメとつい必要以上に心配してしまう・・・などなど

あ~そういうことあるよね><って思いませんか?


ともすると陥ってしまいがちなこの管理意識。

子どもの「イキイキ」を引き出すために、脱したい!

どうしたら脱することができるのか?

ということで今日は、塾現場からの声をご紹介したいと思います。


*  * *


よく保護者さんからお聞きするのが、「うちの子は○○さんのところみたいに自分でできない」など、子供同士を比較した言葉。

更には自分の子供に「○○さんを見習いなさい」「○○さんは△△してたよ」「○○さんはもっと頑張ってるよ」と子供ができないのは子供が頑張らないから。出来る子供はうちの子供の100倍努力しているに違いない。出来ない、やらないのは子供のせいだと感じている保護者は多いと思う。

でも、考えてみてください。どのお子さんも、赤ちゃんの時はみんな「天才」です。

もともと持っている個性はあるかも知れませんが、その個性だって天才の要素。

子供の天才が封鎖されるのは周りの環境によるものであり、子供のせいではないんです。

だから、子供同士を比較するのは見当違いで、何でも自分から進んで取り組む子、いつも笑顔でキラキラしている子がなぜそうなのかは、身近な大人たちや環境の方をこそ、見てみるべきだと思います。


親の圧力が働いていない、管理されていない子供の姿こそが、親が求める子供の姿=天才な子供。

だとすれば、子供たちを比べるのではなく、「私たち大人はどうか?」と、向き合っていくことが必要なのだと思います。

* * *

ちなみに、塾現場に限らず、共同保育をしている中でも、同じような状況は起こります。

子供のことを必要以上に心配したり、その不安を受けて(何も先入観を持っていないはずの)子供までどこか不安そうにしていたり。

そんな時は、周りがママに向かって「大丈夫?」と声を掛けたり、一緒に状況認識を共有して、ズレていれば軌道修正したり、「(母の心配をよそに)○○ちゃん、全然平気そうだよ!(笑)」と突っ込み合うことをしています。そうやってみんなが見守ってくれていることが、母にとっても子にとっても、安心基盤になっているのを実感します。


社内共同保育はその一例ですが、母子の関係に留まらない、周りの大人たちが、母のことも子のことも見守ってくれる場をつくることは、「管理親」を脱するひとつの可能性になるのではないでしょうか。


子どもの「イキイキ」のために、みんなで「脱・管理」のあり方を考えていきたいですね^^


(類広宣社・地域ネットワーク部 加賀見香苗)

0コメント

  • 1000 / 1000