『フリースペース・類』が生まれた日

2018年4月2日(月)に、『 フリースペース・類 』がオープンしました!!

今回はみなさんが知らない、『フリースペース・類』に込められた想いや誕生秘話をお送りします。


○多世代の繋がりが、活力と創造を生む

『 フリースペース・類 』は、みなさんが日常的に集う、活力溢れた溜まり場です。


学生は勉強、就職活動、サークル活動の場として、さらに同じ学生同士が集まって、情報交換や意見の共有もできます。


社会人は休憩、仕事の場として、さらに仕事の情報交換を行ったり、打合の場としても気軽にご利用可能です。


地域の方やママさんは、趣味、地域活動、子育て状況の共有の場として、さらにイベント企画や地域の新たな取組みの創造など、地域活性のきっかけ作りにも利用できます。


また同世代の交流だけに留まらず、さらに世代を超えた繋がりを生み出すことで、楽しさがどんどん拡がり、新たな発想や取組みが無限大に創造されていくことを期待しています。



○みなさんの喜ぶ顔が見たい!!

『 フリースペース・類 』は、人と自然とが一体化する心和らぐ空間をイメージして、類設計室がデザインしました。類設計室はお客さんを喜ばせるのが好き過ぎて、プロポーザル勝率で日本1位に輝いた類グループの設計部門です。


今回もこだわりは色々ありますが、例えば机は丸形と四角形を組み合わせたり、机の移動を簡単にすることで、みなさんの様々な要望に沿ったレイアウトに変更可能です。


さらに長時間座ってもくつろげるようなイスを探し出すために、サンプルを数十個も用意して座り心地や高さ・角度を実際に何度も確かめました。照明についても全ゆるシーンに対応できるように、明るさ(照明)や色味(色温度)を変更できる調光調色という最新システムを導入しています。

またこだわりの挽きたてコーヒーサービスや、「えーっ!?そんな利用料金でいいの??」といったお得な価格で、みなさんに喜んで利用してもらえるのを心待ちにしています。



○誕生に込められた深い話

『 フリースペース・類 』が誕生したのは、類グループの現在の市場経済の終わりを先読みした深い話からきています。


今後、株式大暴落が起こると、中央銀行が廃止され、政府によって金本位制による国家紙幣が発行され、最低限の生活費(月8万円)を支給するベーシックインカムが導入されることになります。( リンク リンク


そうなると無職でも良いし、やりたい仕事をしても良いし、地域や社会に貢献する活動をする人など、仕事が多様化していきます。さらにみんなの意識が解放され、各地域で人類の本源的な共同体(人と人のつながり)が再生されていきます。


将来の日常的に人と人のつながりを生み出し、地域や社会のことを考えていく活動拠点(社会活動の溜まり場)を目指して、『 フリースペース・類 』は誕生しました!!


『 フリースペース・類 』は、みなさんが気兼ねなくフラッと訪れられる場になるように、また将来の社会活動の溜まり場となるように、ご利用して頂けるのを楽しみにお待ちしております。

0コメント

  • 1000 / 1000