【教育情報】“筆記テストなし”の国立大が急増するワケ

仕事の参考として多くのビジネスマンに読まれることの多い情報サイト『プレジデントオンライン』に、「“筆記テストなし”の国立大が急増するワケ」という記事が掲載されていました。

ビジネスの世界では常識になりつつある“筆記テスト無意味”論。

果たしてそのワケとは・・・

*************************************

入試で「筆記試験」を実施しない国立大学が増えている。大阪大学、筑波大学、九州大学といった「名門校」でも筆記試験なしのルートができている。

「筆記試験不要の大学が増えれば、学力の劣った学生が増えるのではないか」と考えるのは早計だ。事態はむしろ逆で、そうでもしないと優秀な学生を集められなくなっているのだ――。


■推薦・AOを入学定員の30%に引き上げる

文部科学省によると、2017年7月現在、国立大学の6割以上がAO入試、9割以上が推薦入試を実施している。

背景にあるのは、2015年に国立大学協会が示した「推薦入試、AO入試などの割合を、2021年までに入学定員の30%に引き上げる」という方針だ。

国立大学全体(大学院大学を除く)における、2017年度の推薦・AO入試の割合は16.3%で、2018年度は16.8%だった。「2021年までに30%」が達成できるかは微妙だが、各大学は「筆記試験重視」の見直しに向けて、一気にかじを切っている。


■一次選考と二次選考で合計4日間の選考

それでは筆記試験をやらない国立大学はどんな試験を実施しているのか。

例えば・・・


○大阪大学の理学部・工学部・基礎工学部

「国際科学オリンピックAO入試」では、志願理由書と「国際科学コンテストに出場したことが確認できる書類」で審査を行う。センター試験などの筆記試験を受ける必要はない。

○お茶の水女子大学

調査書などを提出したうえで、一次選考では、大学の授業を体験するプレゼミナールを受講し、レポートを作成。二次選考では、文系は附属図書館を使ったレポート作成やグループ討論、面接を実施。理系は実験や実験演示、データ分析、自主研究のポスター発表などを行う。


○九州大学の共創学部

筆記試験は行わない。一次選考での書類審査を経て、二次選考では大学での講義を受けた上でレポートを執筆。さらに討論、小論文、面接で成績を評価する。


○筑波大学

書類選考と面接・口述試験で受験生を評価する。特に「自己推薦書(A4サイズで枚数は自由)」と「志願理由書(800字以内)」を重視しており、「ペーパーテスト型や学校推薦型の入試とは異なる観点から評価を行います」という。


■日本の大学は筆記試験に頼りすぎていた

各大学の取り組みの裏には、「筆記試験での選抜に頼りすぎていた」という反省があるようだ。藤井氏は「欧米では筆記試験だけで合否を出している大学はない」という。

なぜ海外大学では筆記試験以外の要素を重視するのか。

それは筆記試験だけでは「本当に能力のある生徒」を逃してしまうかもしれないからだ。すでに海外では多面的・総合的評価を行うのがスタンダードになっている。しかもそうした大学のほうが人気を集めている。


※プレジデントオンライン「“筆記テストなし”の国立大が急増するワケ」全文→リンク

*************************************

よく考えれば、就職が筆記で決まるわけがないのだから、大学だけ筆記で決まるのはおかしな話ですよね。

知識なんてあとからいくらでも習得できるし、コンピューターが発達した今、そんなものは覚える必要もありません。

でも”人間力”は、「3つ子の魂、百まで」ですよ~☆


0コメント

  • 1000 / 1000