共同保育なら、子育てしながらでも仕事に本気で向き合える!

こんにちは!東京設計室の沖田です。

毎日、1歳の娘を連れて出社しています♪

これまで本ブログでは、共同保育についてたくさん紹介してきました。

みなさんはこの共同保育に対してどのようなイメージを抱きますか?

「上の人たちの理解があるんだね」「福利厚生が充実してるね」などと声をかけてもらうことがありますが、実はそれ、全然違うんです!

こういう環境が会社から用意されているのではありません。

母親たちひとりひとりが、「みんなの役に立ちたい」という想いがあるからこそ、共同保育は実現しているのです。

私は現在、新卒採用の仕事をメインで担っています。

どんな仲間と一緒に仕事をしたいと思うのか?学生にはどうすれば入社したいと思ってもらえるだろうか?ということに頭を使い、イベントの企画や選考の段取りを検討。

緊張感もある中で、うまく行った時はすごく嬉しく、仲間たちと心から喜び合えます。

うまくいかずに涙を流したことも数知れず。

仕事に熱くなれることって、すごく楽しいし、生きがい!

でも育児に専念してしまうと、会社で本気で仕事をするということを、諦めざるをえない方も多いと思います。


共同保育室の母親たちは、そもそも社員同士と互いに信頼しあえている。

だから、保育室内で子育てしながら仕事するのはもちろん、子連れで会議に参加することや、他の母親たちに子どもを見てもらって別室で仕事をすることも可能です。

そういう柔軟な働き方が、子どもの心配をすることなく、かつ本気で仕事に取り組める秘訣です☆


共同保育をする以上は

「出産を経験した今だからこそ、子ども達の生きていく社会の役に立ちたい」

「ただの消費者ではなく、生産者であり続けたい」

と考えています。


子どもはみんなに育てられ、母もまた組織に育てられ、そして社会の役に立っていく。

ただ子育て環境が整えばいいのではなく、志があってこそ成しえる共同保育。


仕事には期限があるし、一緒にやっていく仲間たちがいる。

子どもを保育園に入れていなくても、「共同保育」という新しい働き方を通して、仕事の重圧に身を投じられること、

信頼してもらえていること、

だからこそ、「みんなの役に立ちたい」と思えること。

本当にありがたいと日々実感しています。


(東京設計室 構造房6年 沖田 栄里)

0コメント

  • 1000 / 1000