イライラから脱出できたのは? ~みんなの活力を上げられる存在に~

類農園直売所・西中島店の店長をやってる野上です♪

今、西中島のお店にはたくさんのバイトさんが働いてくれています☆(総勢20人!)

オープン当初からのベテランさん、入ったばかりの新人さん、いろんな方が頑張ってくださっていますが、自分以外はアルバイトという環境で、バイトさんはお店にとって欠かせない存在。


でも最近、わたし自身がいろいろな課題を抱える中で、質問や相談を受ける度、「何度言ったらわかるの?」「自分で考えてよ」「そんなんこうしたらええやん」とか、言いにくいことも言わないといけないしとか、正直、苛立ちが隠し切れない状態が続いていました

苛立ちの理由は自我なのかとか、どうしたらそれを乗り越えられるのかとか、ごめんなさいとかありがとうとか、色々考えていたけど、最終的には、“自分はみんなの活力を上げられる存在になれているのか?”というところに辿り着いたんです!

そこに辿り着けたのは、内定者への配属期待で、どんなことを伝えたらいいかを考えていたとき。その子には色んな期待があったけど、やっぱりみんなの活力を上げるような女性になってほしいと思ったとき、自分自身のことにも気付けました。


そうなって初めて、こんなにイライラ状態の私でもみんなが一緒に仕事をしてくれていたこと、むしろフォローまで入れてくれていたこと。そのことに気付き、心からありがたいという気持ちが湧いてきました。


数字というわかりやすい成果(のようなもの)は、結局みんなの活力が上がった分だけ上がる!

だから、目先の数字や手法の提示だけでは不十分だし、相手に迎合しても意味がない。

みんなの活力があがるような方針を出して、共認しきって実現することができるかが全て。

もちろん、そのためには関係力(みんなの期待を掴む)も追求力(期待に応えるにはどうする?)も言語能力(みんなと共認して実現する)も必須!


イライラしている場合じゃなくて、まだまだやることあった~!(^^;)

みんなの活力上昇に、真っ直ぐ向かっていきます♪

0コメント

  • 1000 / 1000