【教育情報】五ツ木模試、不安にならないための大事なポイント

12月に入り、本格的に進路指導の季節になりましたね。でも、いろんな情報が飛び交う中で、不安になっている方も多いのではないでしょうか?


先日も保護者面談で、

「五ツ木模試を受けたのですが、受験者内順位で20位だったのにC判定だったんです。。どういうことなんでしょうか?」

と、あるお母さんが不安気に相談してくれました。


データミスかと思うほどのおかしな判定ですが、こんな判定しか出せないのはなぜなのでしょうか?

多くの受験生が受験する中3五ツ木模試は、大阪だけではなく、兵庫、奈良、京都、など近畿全域を対象にしています。さらに、公立、私立の両方をターゲットにしているので、出題傾向の照準が絞れておらず(結局どこの傾向にも合っておらず)、「このテストで何点取れたから~に合格できる」とか、「このテストで偏差値がいくらだから~は危険」などといったことは言いにくいのです。とくに近年は入試傾向が激変しているのでそういった傾向が強くなっています。

出題傾向が大阪府公立入試とは全く異なるので、当日得点が正確に予想できないうえに、回ごとに受験者層や受験者数が大きく異なるので、偏差値を出しても基準がブレて正確な判定を出せません。そんな中、A判定を出した受験生が合格できなかったときのリスクを考えて、その学校を志望するトップ数名にしかA判定を出さないというようなことが起こってしまいます。

 こういった事情を知らずに、五ツ木模試を重視する学校の先生から「C判定だからやめとこう」など言われるかもしれませんが、五ツ木のテストがどのようなものかを把握して、五ツ木の点数や判定に、むやみに振り回されないことがとても大切です。

0コメント

  • 1000 / 1000