地域に根ざした社会事業部のインターン~地域の活力再生への手がかりとは~

社会事業部でも1dayのインターンシップを開催しました。

社会事業部は、地域に深く溶け込み、地域の活力再生を目指し、日々地域とのつながりを大切にしています。

今回は、ソーシャルビジネスをテーマに地域に関心のある12名の学生が参加してくれました。

内容としては、2段階のテーマをごとに追求した内容をプレゼンテーションしました。

1段階目は、ソーシャルビジネスの原点ともいえるテーマ「地域の活力がなぜ、衰退しているのか?この根本原因とは何か?」です。

参加者の多くが地域活動やボランティア経験が多くあったのですが、実は、地域が衰退している実態や原因については深く追求したことがなかったようです!!


だから、今回のグループ追求を経て改めて、「地域」について考えるきっかけになりました。

地域を形作っているのは、そこに住む人です。そこに住む人が「その地域を良くしていこう」と思い、思える人が、またそういう人を増やしていく。つまり、「人づくり」が最も重要な課題として見えてきました。

では、どのようにしてそういう人を増やしていくのか?

これが2段階目のテーマです。

2段階目は、「仲間と一緒に追求の場をどう作っていくのか?」です。

各グループの追求結果として

・コミュニティスペースの活用を通し、地域に還元していくための追求

・地域の中で学生主体のイベントを開催

などが出てきました。

行政主体の集会が開かれている中で、住民主体の集まりやそこに住む学生が追求の結果として出てきたのは、1段階目のワークを経たからかなと思いました。

社会事業部も地域の中の集会やコミュニティスペースへ行く機会があるので、今回出た意見は、事業部として実現へ向けて取り組んでいこうと思います。


今回の参加者の気づきにこんな声がありました!

・人の活力の源泉とか考えたことがなかったので、考えるいい機会になった。社員さんが議論に参加してくれたことも良かった。

・地域や身近な社会問題を解決していくソーシャルビジネスにとても興味関心を持つことができました。ソーシャルビジネスは、目先の潮流、ニーズを読むだけでなく、時代の先を読むことが大切だということを学びました。

今回のインターンシップを経て、社会事業部に長期インターンに来てくれている学生も居るので、その様子はブログで発信いく予定です。お楽しみに!

0コメント

  • 1000 / 1000