【教育情報】聴く力がヤバイ!中高生のほとんどが「28%はアメリカ合衆国以外の出身」の意味が掴めない!!

「若者の言語能力が衰退している」という話はよく聞きますが、驚きのニュースが飛び込んできました!

・・・・・・

教科書や新聞記事のレベルの文章を、きちんと理解できない中高生が多くいることが、国立情報学研究所の新井紀子教授らの研究グループの調査で分かった。

調査の名称は「リーディングスキルテスト」。教科書や新聞記事などの文章を読んでもらい、意味や構造を理解できているかを調べる内容で、2016年4月から今年7月にかけて、中高生を中心に全国で約2万4千人が受けた。

その結果、例えば「メジャーリーグ選手の出身国の内訳」に関する中学校の社会科教科書の文章を読み、内容に合うグラフを正しく選べた中学生は12%で、高校生も28%にとどまった。文章には「選手のうち28%はアメリカ合衆国以外の出身」とあったが、四つのグラフの中から「72%がアメリカ合衆国出身」という事実を示すものを選択できない生徒が多かった。

似た文章を比較する問題でも誤答が多かった。調査では、やはり中学校の社会科の教科書にある「幕府は、1639年、ポルトガル人を追放し、大名には沿岸の警備を命じた」という文と、「1639年、ポルトガル人は追放され、幕府は大名から沿岸の警備を命じられた」が同じ意味かを尋ねた。幕府と大名の関係が入れ替わっているため、正解は「異なる」だが、中学生の42%、高校生の27%が「同じだ」と答えた。

(ニュース元はこちら

・・・・・・

読解力というより、人の話がきちんと聞けるかどうかもあやしいレベルです(@ロ@;)!

実は、この「聴く力」は、言語能力の基礎であり極めて重要!

明治の初めまで、朝、家ではお父さんやお母さんが新聞を音読する、夜になったら本を音読する、それを家族がみんなで聞いている、という光景が当たり前でした。

電車の中でも図書館でも音読です。つまり、みんなで音読する中で養われた「聴く力」が、高い言語能力の土台となっていたんですね。

ですから、問題集をいくら解いても、言語能力は上昇しません。言語能力を上昇させるためには、「聴く力」=聴覚脳を鍛えることが不可欠なのです。

0コメント

  • 1000 / 1000