みんなの夢AWARD in kansaiの審査をしてきました。

「みんなの夢AWARD」とは、みんなをワクワクさせ、みんなに夢を与える素敵な夢に贈られるAWARDのこと。

このイベントのコンセプトは、「学生が夢やビジョンを基準に企業と繋がれる空間を」です。(企業が掲げるビジョンや作りたい社会を基準に学⽣と触れ合うことで学⽣がもつ企業に対する捉え⽅を変え、より⾝近なものにするというもの♪)


そんな「みんなの夢AWARD」の選考条件は、以下の3点。

①共感(みんなをワクワクさせるものか)

②社会性(世の中をよくする内容か)

③具体性・計画性(夢を具体的に描き、計画的に前進しているか)


今回、弊社のインターンシップに参加してくれている学生と一緒に参加させて頂きました。

インターンシップ生の感想を紹介させて頂きます。


*-。-*-。-*-。-*-。-*-。-*-。-*-。-*-。-*-。-*-。-*-。-*-。-*。-*-。-*-。-*-。-*-。-*-。-*-。-*


まずは発表者の熱意が素晴らしかったです。学力とか回生とかに関係なく、熱意を持った

人がやる気をもって何か行動に移す、ただただ凄いと感じました。発表者だけでなく、イ

ベントを作り上げた運営の学生たちもなんとか成功させようという熱意があって取り組ん

だのだと思います。会場で発表を聞いていた学生たちも大きな影響を受けたと思います。

同年代の活躍というのはどんなことであれ、凄いと感じるし、自分のモチベーションにも

なります。そういったお互いの刺激、高め合いが起きる場になっていると思います。

可能性はいろいろなところにあると感じました。例えば発表を聞いた後にもうすこし学生

同士の交流を増やしたりすると、何か新たな熱意が生まれて、そこから次の夢が生まれる

ようなことにもつながっていくのではないかと考えました。「実はそれ自分も興味あった」

みたいな共感が起きれば、それが次の社会につながっていきます。1.2回生の学生と企業

がメインでしたが、学生起業家の成功者が経験を語ったり、就活生との交流などを行った

りすると様々な交流が生まれ、そこに新しい考え、行動が生まれると思います。


*-。-*-。-*-。-*-。-*-。-*-。-*-。-*-。-*-。-*-。-*-。-*-。-*。-*-。-*-。-*-。-*-。-*-。-*-。-*


選考条件をクリアーした4人の学生プレゼンの内容は、実現するにあたって人々の笑顔を繋ぎたいという思いや、支えてくれた仲間の存在、人間関係の大事さや、みんなを巻き込んで、一緒に実現したいという思いが溢れていました。

みんなが求めているものを、掴んで、それを実現していっている彼らのプレゼンを聞いて改めて、みんなと自分の想いがイコールで結ばれて、自分達の行動がみんなの喜びや笑顔に繋がったとき心から充たされるし、どんなに大変なことでも、みんなの表情や期待を思い返すとお腹の底から力が沸いてくるのだと思いました。


みんなの「夢」は、人々を繋ぎ、活力を生み出す、そんな力を持っています!

これからも類グループは、社会をよくしたいと活動している学生を応援していきます。


0コメント

  • 1000 / 1000