類グループ内定式を行いました!

来年の春から入社する18卒の内定式を執り行いました。
皆さん、元気な顔で集まってくれました。内定後のインターンやアルバイトなどでメキメキ成長していたり、選考時よりずっと頼もしくなっている姿に、一緒に働くことがますます楽しみになりました!


当社の内定式では、会社への理解をより深め、また、入社後の成長イメージが持てるように、「自分たちで生きる場をつくる=共同体の自主管理って、どういうもの?」「現実課題を突破してくために必要な追求力を身につけるには?」といったテーマで社員と一緒にグループ追求を行いました。
時に真剣に、時に楽しく、みんなで追求し、仲間としての結束を深める機会となりました。

<内定者たちの感想>
「漠然としていた自分の中の共同体のイメージがはっきりしました。自分の仕事、他人の仕事と分けてしまわないことなのかなと思います。今後もアルバイトの中でもっと共同体のことを深く考えたいと思いました。」

「私が目指すのは、農業を通した地域活性化。ゆくゆくは各部署を巻き込んで、農業の面だけでなく多方面から活性化につなげていきたい。そのために現状課題を明確にとらえ、地域の方の期待に応えていきます。」

「組織として類が勝つ事とクライアントが勝つために何をしたらいいのか。今回結論としては事実追求の加速がその答えとなった。また、逆に負けない局面の作り方など、さらに追求したいと思いました。」

―自分たちの生きる場を自分たちの手でつくってゆく―
類グループでは、みんなが当事者!だから、内定者も社員も活力にあふれています。

ご興味をお持ちいただけましたら、ぜひ会社説明会へお越し下さい。


0コメント

  • 1000 / 1000