【楽学のススメ】幼小科での天才たち☆

類塾天才教室「幼小科(5歳~小3)」での子どもたちの様子をお伝えします^^

幼児たちの集中度・追求度には、大人顔負け!です🌸


プリントをただひたすら解くだけでは意欲も追求心も湧いてこない💦ということで、類塾のその日の授業では、みんなで「清少納言の知恵の板」に取り組みました。


これは正方形を7つのパーツに分解したものを色々な形に組み立てるというもの。今回はパーツを正方形に戻すことにチームでチャレンジしました💪


子どもたちには最初に、

・中学3年生は15分、小学生は30分かかった!

・算数の先生は35分かかった!

と伝えて刺激すると、「算数の先生なのに、35分?!絶対、負けへん!!」と一気に子どもたちの追求心がメラメラと湧きあがってきました✨


早速2人1チームでスタート。

するとみんなチームで必死に試行錯誤し始め、その集中力と言ったら見ているこちらが驚くほど!何と最終的には1時間近くもず~っと追求し続けていたのです!

しかもその結果、40分経過した頃には「できた☆」という小2が現れ、その5分後にも「やった!できた☆」という6歳も!!

その瞬間、窓の外から見ていたお迎えのお母さんたちからは、「すごいー😆」と歓声があがりました♪


意欲が解放された子どもたちの、真っ直ぐに楽しんで追求し続ける姿はまさに天才そのもの🍀そしてこの「楽しむ力」を開放することこそが、結果として成果にも結びつくのだなぁと感じます。(だって6歳の子が大人とほぼ同じ時間で達成してるくらい♪)

1つのことにこれほどまでに集中できる粘り強さと、失敗を失敗と思わない追求思考、そして決して無理と思わない「必ずできる!」と思う心こそ、みんなが取り戻したい天才の心ですよね❤️

0コメント

  • 1000 / 1000